トップページへ
 
 

阿寒の伝説

 阿寒湖畔には昔からアイヌ民族が住んでいました。ここではアイヌ民族のマリモの伝説について紹介します。マリモの伝説を調べているときに一緒に見つけすこぶる面白かった阿寒湖の伝説も紹介します。

 まずマリモの伝説として「セトナとマニペの悲恋物語」が有名でしょう。
 簡単に筋を紹介すると、「昔、阿寒湖畔に集落がありました。そこの酋長の娘のセトナがいました。セトナはピリカメノコ(美しい娘)で若い男から人気がありました。セトナの婚約者に副酋長の息子が選ばれましたがセトナはこの男が嫌いでした。セトナがすきなのは下男のマニペでした。しかしこの恋は身分違いの恋愛で達成できるはずがありません。マニペは副酋長の息子にセトナと密会しているのを見つけられ襲われます。マニペは必死に防戦している途中誤って相手を殺してしまいます。罪にさいなまれたマニペは阿寒湖に入水します。そしてセトナも後を追うように入水し、二人の魂が美しいマリモになりました。」という内容です。
 この伝説は実は昔からのアイヌ民族のものではありません。この伝説は大正時代に朝日新聞の青木記者が創作したものです。おそらく観光客に受けるように作成したのでしょう。しかしこの伝説によってマリモが有名になったこともありますので一概にこの創作を事実の捻じ曲げとして非難するというのもいかがでしょう?

さて実際のアイヌ民族の伝説はどのようなものでしょう?高橋真さんの著書を参考にすると

「=湖の妖怪=

昔阿寒湖にはたくさんのペカンベ(菱の実)が実っていた。
 ところがトウコロカムイ(湖の神)は、どういうわけか、このペカンベの繁殖を非常に嫌った。とくにぺカンベが湖を汚すものだからカムイは、「おまえたちはこのきれいな湖におくわけにはいかない。さっさと出て行け」と怒ってしまった。
 ぺカンベたちは、「そんなに怒らず、どうかいつまでも阿寒湖に置いて下さい」としきりに頼んでも許してくれなかった。
 憤慨したぺカンベたちは「こんなにお願いしても聞き入れてくれないのなら…」と現在の標茶町塘路湖に引っ越していった。
 ぺカンベたちはこの引っ越しの時に阿寒湖のほとりの草をむしりとりくしゃくしゃに丸めて、湖めがけて投げ込み「藻になって湖を汚せ、汚せ」と呪いの言葉を残した。
 それが今のマリモで、アイヌはこれをトーラサンぺ(湖の妖怪)と呼んでいる。」

というものです。みなさんはどちらの伝説が好きでしょうか?

 

さてオマケですが作者がマリモの伝説を調べているときに一緒に見つけた阿寒湖の周辺にまつわる伝説を紹介します。非常に神や山が人間的でとても面白いものです。

「=阿寒湖の創成=

この世にまだ人間のいない地球ができたばかりのころ世の中は荒れ狂う海ばかりであった。
 カムイ(神)たちは「どうも海ばかりで面白くないから…」という理由で色々な山や湖を作った。
 そのときにできたのがピンネシリ(雄阿寒岳)とマツネシリ(雌阿寒岳)、阿寒湖であった。
 カムイたちはさらに「阿寒湖だけでは面白くないから…」と湖の中にいくつもの島を作った。」

なかなか飽きっぽい神様だったようで…。キリスト教の創世記とずいぶんと違います。
さてさてそのようにできた雌阿寒岳と雄阿寒岳はどのようになったのでしょうか?

「=夫婦山の口論=

 雄阿寒岳と雌阿寒岳はとても夫婦仲がよかった。
しかし雄阿寒岳はなかなの色男で、たくさんの女山から色目を使われていた。やきもちを焼いた雌阿寒岳は、ある日夫の雄阿寒岳と大口論を演じた。
 面白くない雄阿寒岳は、熱心に言い寄ってくる北見の留辺蘂のポンヌプリ(小さい山)を妾山に持つようになった。
 魔神のニッネカムイが、雄阿寒岳が妾山を持つのは生意気だ〜といって槍で雄阿寒岳を突き刺し、ついでに「おまえも悪いから夫が浮気するんだ」といって雌阿寒岳の頭もふっとばしてしまった。そのときの槍跡が雌阿寒岳の旧噴火口だという。
 さらに夫婦山をいじめただけで気がすまぬ魔神は、今度は雄阿寒岳の妾山を突き刺したがその槍先がそれて七曲にとまり、槍跡は深い沢になってしまった。
 魔神の乱暴に驚いた妾山は留辺蘂から逃げ出し、屈斜路湖畔に移った。そのやまからは赤い水が流れて折りそれは山の涙だという。」

「=動かない山と火の山=

 雄阿寒岳がピシタアンピンネシリといって美青年だったころ、雌阿寒岳に恋されて夫婦になった。
 ところが新婚早々から雄阿寒岳におおくの女山がちょっかいを出すものだから雄阿寒岳も妻の目を盗んでは時々浮気をした。
 すっかりヒステリーになった雌阿寒岳は、あるとき近所の女山を片っ端から殴りつけて美しい山の形を醜くしてしまった。
 そして、夫の雄阿寒岳に「もう浮気しないで、お願いだから」と哀願したが雄阿寒岳はすまして返事もしなかった。
 いよいよヒステリーを昂ぶらせた雌阿寒岳は口から火を出し、大暴れ、文字通り大噴火したが、雄阿寒岳はびくともしなかった。
 アカンはアイヌ語で「動かない」という意味。雄阿寒岳は今でも男らしいおっとりした美しい山だが、雌阿寒岳は噴煙を噴出し時々地震を起こすのだという。」

…なんかスペクタルという感じですねぇ。この夫婦山は日本で歴史ある国立公園、阿寒国立公園の核となっているのですが…。阿寒湖にいって雌阿寒岳を見たらこの話を思い出してください。

 

参考文献:アイヌ伝説集 阿寒地方篇 高橋 真 昭和41年
 

 
  トップページへ